読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014 年 3 月が僕の大学生活で最も濃い 1 ヶ月になるのは確定的に明らかで、でも話を 2 月の末に戻すと、僕はサイパンにいて、現地のプリペイド SIM を 10 ドルで購入して、いつの間にか手に入れていた Nexus 5 に突っ込んで日本の後輩とかにいたずら電話かけまくっていたり、日本の免許があればサイパンでも車を運転できるということで、しかしながらサイパンは右側通行だし赤信号でも右折できたりと大変な騒ぎで、交通ルールを順守できるはずもなく警察のお世話になったり、あとはバナナボートから転落して死を覚悟したりしていた。でも僕は今生きてるし今は 3 月で、 3 月になったらサークルの部室でひっくり返ったり、人生で二度と食えないとか思いながらわせ弁食べたりしてた、ちなみに 2011 年の震災の日はコンビニからおにぎりが一瞬でなくなって、途方に暮れていたところで僕はわせ弁を見つけ、なんとわせ弁は普通にお弁当を販売しており、僕は飢えを凌ぐことができて、ああそういえばあの頃はまだ 3 号館があったなあみたいな感じで、折に触れて感傷に浸りつつ、暦の上では春とはいえまだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。僕は 3 月の 3 日に東京を出発して、横須賀まで歩いてきました、昨年の末に銚子まで歩いたのと比べると短いけど、戸塚・大船間の川が最高だったり、早咲き桜が見られたりしたのはとても良かったです。

f:id:alea12:20140314014557j:plain

ここのところ数日はずっとインターンしてて、それは僕が 2012 年の夏からお世話になっているところで、当時は鎌倉にあって社員さんも 20 人いなかったと思う、それが、今では渋谷にあって、社員さん 60 人くらいいる気がして、いやはやという感じがしている。自分があの会社離れることを真剣に考えたことはあったけれども、こうしてそれが現実として近づいてくると寂寞感がそれはそれは甚大で、今日とか会社のいろんなところ写真に撮ってた。あと 3 日勤務する。先日 Milestone Expresss 2014 が発売されて、僕が編集長やってたのは 2012 だから、 2 年が経っているということで、 2012 を上回るページ数を! みたいなことが部室とかに貼ってあってちくしょうとか思いながらでも嬉しくて、発売日の朝に 4 冊購入して、重いなあと思いました。

f:id:alea12:20140314014618j:plain

あと今日というか昨日というか暦の上では昨日、高田馬場でしゃぶしゃぶ食べて、しゃぶしゃぶに関してはストイックだからごはんもお酒も飲まずにひたすら行儀よく模範的な客として食べてたんだけど、食べるやつが終わったから、雨降ってなかったけどビール買って神田川に行ったら、さらに追加で友人がきて、あ、その前は 4 人いました、で、その友人と二人で公園に行ったらフットサルのボールがあって、それを蹴りまくって、なんか柔らかさが絶妙ですごい変な曲がり方とかするから中村俊輔か? みたいな感じで大喜びで蹴ってたら今足首が痛くて、明日の朝フットサルやる予定なんだけど厳しい。あと公園にいたら更にもう一人友人が来て、スーツ着てた。僕の傘バスケットボールのフープに引っかかってて辛い。

f:id:alea12:20140314014607j:plain

ここに書いていることは発生したことの 10% くらいで、実際には本当に様々なことが発生していて、自分の中でも全く整理がついておらず、ふわふわとした浮遊感の中で卒業までの日々を過ごしており、この気持ちはなんだろう、目に見えないエネルギーの流れが大地から足の裏を伝わるどころか全身から常にエネルギーが発散されは消えてゆき体内にぐるぐるとしたものが流れていてしかしそれは決してドロドロした感じではなくさらさらとしていて、多幸感ではないのだけれど、なんかすごく変な感じがする。僕まえ海外に住んでてすごく日本に帰りたくて、その帰ってくる直前の感じに似てるかもしれない。中学 3 年の時に香港から日本に帰ってくるときも最後にさんざん暴れまわって、香港特有の大雨の中バーベキューしたりしてて、そういう一連の流れが終わってしばらくして、すごく寂しい感じが来たのを覚えてる。それで、さっきの目に見えないエネルギーの流れというのは谷川俊太郎さんの「春に」という詩の一節で、すごく有名で、知らない人あまりいない気がする、なぜなら合唱曲になっているからで、僕はこれが好きなんですよ!


春に - YouTube

他に走る川も大好きです。もう寝る。


走る川 -歌詞付き- - YouTube